年齢別で適した人間ドックがある?!20歳30歳40歳の検査項目とは?!

20代に適した人間ドックとは?!

人間ドックは基本的に20歳以上の成人が対象となります。労働安全衛生法で健康診断は一年に一度行うようにと、義務付けられています。しかし人間ドックは義務付けられているものではありません。企業や行政からの補助制度があるのですが、適応年齢の制限があります。若年層である20代は補助制度の適応外となっていることがほとんどなのです。自己負担額がたかくなってしまいますが、体に心配な点がある場合は人間ドックを行った方が良いでしょう。

30代に適した人間ドックとは?!

30代の場合、消化器系の検査を精密に行ってもらうと良いでしょう。30代は体の機能の下り坂に差し掛かると言われているため、注意が必要です。生活のリズムや食生活に乱れがある人は、より注意が必要となります。自覚症状がなくても30代になったら、受けた方が良いでしょう。健康診断の一部ですが、健康診断では検査されない精密な部分の検査をしてもらえます。人間ドックの費用は30代になると補助制度が利用できたり、企業で負担してもらうことが出来るため、自己負担額が低額で住むでしょう。

40代に適した人間ドックとは?!

40代に差し掛かると、毎年人間ドックを受けた方が良いとされています。通常の人間ドックに加えて、生活習慣病についての検査ができるオプションや、脳や心臓病に関する検査が行えるオプションなどがあります。全て行うとかなり大掛かりになります。基準の人間ドックの検査と、オプション検査を別々の日に分けて行ったりすることもあります。また、オプション検査は毎年受けるのではなく、一年に一つづつ順々に受けるようにすると良いです。

健康志向が高まっていることから、健康診断や人間ドックを受ける方が増えています。人間ドックの評判なら病院口コミサイトを参考にすると良いでしょう。